ロレックスの "ブラック・パワー"

久しくこんな歯切れのよい方々にあったことはなかった。


カウンターの隣にいた30代後半セレブ系の元気なOLさん。

ブランド好きではあるが、その層とは一線を置いてる風のチャキチャキ感ある3人。

山の手でなく、子供の頃から下町育ちに違いないその口調と”ちょい酔い”態度。

私はつい時計に目がいってしまい、すると、

腕にあったのは…、光る石のカルティエ、ピンクのパテック、ヴァンクリーフ系角のWGブレス時計。

それに女性では珍しく時計の話をしているので、聞き耳を立ててしまった。


すると、すぐ隣の女性がこちらの視線に気づいたのか、

ほろ酔い口調で、

「かわった時計ですねー」

と言ってきた。

面白そうな展開になりそうなので、外して見せてあげた。

「あらー、ロレックスってあるよ」

くすっと笑ったと思ったら、

急に麻生さんの口元に…、且つ小声で、

「イッャー害虫みたい」

真ん中の女性がさらに小声で、

「ちょっと、やめてよー」

3人とも堪え笑い「ぐっっ、」

奥の女性が目を凝らし真正面に持って、

「んー、焼け野原って説も…戦後のネ、

それとも、ゴヤ...? 煤けた黒いのよ。あのー」

再び3人とも堪え笑い「プッ、ぐっっ、ぐっっー」

(でも全部聞こえてる)

すると真ん中の女性が真面目な顔で、

「汚いけどこれ、なんかぁ、変な感じなアンティーク感、あるよー」

と言って、ブレスをビュンと伸ばし、

それぞれが、

「面白いこれ、画期的ー、いつの発想?」

「伸びるんだー」

「ヤっだー」

そして、

「すみません。勝手言っちゃって」

3人は言い過ぎたことを詫びるように深いおじぎをした。

そのうちの1人は、ハイボールグラスにおでこをぶつけた。


ちょい酔いではなかった…。


私は心の中で、

「害虫…、焼け野原…かぁ。んーん...」

感心するほどの観察力と表現力に、スタッフに向かい入れたいほど感服。

「毒説く糸井重里シスターズ」


ベゼル/ミドルケース/ケースバックが3つに分かれるこの30年代の危険な害虫は、たちの悪い代物で伝染もする。

そして脳と心に宿り離れることがない不思議な力を持っている。

なんと言えばよいのか、

ブラック・パワー。


SPECIUM

Vintage Wrist Watches ROLEX & PATEK PHILIPPE

0コメント

  • 1000 / 1000