ワイン・カーヴで都知事選の本音

下町のワイン・カーヴ
木霊が聞こえ、我に気づくこともある。


ホントに、都知事選には困りましたよね。どうなるんでしょ、都政や国政…。


「我々が都政や国政に求めているものは、曖昧なレボリューションではない。
そうだなぁ、今日の感じでしいて言うなら、
画一的な箱の中から抜けるには、
上下左右正しいと思い込んでいる構成を壊し、アシンメトリーな行動も必要であろう。
それも正々堂々としたアシンメトリーでなくてはらならい。」


アシンメトリーな行動だと、言ってることとやってることが違うという非対称的になりますが…。


「堅いね君は、イメージ、イメージ。感じてよ、そこのところ。シンメトリーなアシンメトリーでいこうよ。
Asymmetry such as Symmetry ! 」


あ… ?  ハイ。
「これからが大切な話だから。最初に言っとくけど小池派じゃないよ。」
あ…、ハイ。自民党ですよね。
「そんな小さいこと言ってたら政治家といっしょ。派閥を組むような非文化的な連中はダメ。」
あ…、ハイ。
「安倍ちゃんにね、ベン・バーナンキ並みの助言をしよう。
ヘリコプターから小池ちゃんを応援しなさい。」
先週来日した "ヘリコプター・ベン" ですね。
「そうそう、ベンちゃん。ここは太っ腹に、女性である小池ちゃんを支えながらバージョンアップさせ、
首都東京の堂々たる知事に仕立て、そして日本の底力を世界に示そうよ。
今こそ、その『時』のはず。
それと、岡田ちゃん、
焦ってる気持ちはわかるけど、
病み上がりの鳥越おじちゃん連れ出してどうするの?
インタビューから、強い覇気が感じられないよ。都政も一種の戦場なんだからさぁ。」

もうひとかた、自公推薦の増田さんについてはどうでしょう...。

「あぁ〜、特になし。」

という、誰かの木霊。

"Asymmetry such as Symmetry"


0コメント

  • 1000 / 1000