道端の花

先週末の墓参り、宝光寺へ塔婆を取りに行く途中。 

道端に、小さな花が咲いていた。 

お盆のせいか、 たまには心洗われることへ自分を仕向けることもよいと感じ、

その花をしばし見つめた。

「人は、立派な花瓶の中で華やかに装飾された花へは目を向ける。 
そこを通れば、道端に咲いている花があるのに通り過ぎてしまう。 
道端に咲いている花は、強く純粋で美しい。」

帰り道、 こんなことを胸の中で呟いていた…。 


人は見果てぬ夢から醒めたり、

逆境の中、最後のその時を感受する状況になければ、自らそれを理解できない。

すぐそこにある大切な花を忘れている。

SPECIUM

Vintage Wrist Watches ROLEX & PATEK PHILIPPE

0コメント

  • 1000 / 1000