土門拳のおかげで

土門拳のおかげ(せい)で、仏像が好きになった。

でも、絶対に買わない。

ようにしている。


彼を知ったのは20年以上も前。

1994年の太陽/NO.395、特集『土門拳の日本』である。

最近、8月になってから数十冊を読み直し始めている。

やはり、今でも感じることは、 何かが落ちてきたという例えようもない本音。

その写真には、被写体の本質的なものをえぐり抜いたかのような表情がある。

そこから問いかけてくる力はとても強く、澄んでいる。

あの時に感じたことが今も同様に蘇る。


こりゃぁ、参った。

そして、 凄い。


写真が芸術であることと、その力強さに感銘する。


説明はいらない、 それでも、敢えて言うなら。

土門拳、 会って1杯飲んでみたかった。


SPECIUM

Vintage Wrist Watches ROLEX & PATEK PHILIPPE

0コメント

  • 1000 / 1000