銀座のPILSEN ピルゼンを思い出した

ザワークラウトを食べて、銀座のPILSEN ピルゼンを思い出した。

惜しまれ、15年前に閉店している。

20代の頃、先輩に連れられ月に3回は足を運んだ。

あそこのメニューには "ザウアークラウト" と、あった。

このぎこちない「それらしい響きのネーミング」を心地よく感じたものだ。

そして、店内の壁画は「藤城清治」 若き日の作品。

この影絵を見るたびに、何とも表現しがたい郷愁を感じていた。

ピルゼンを出ると決まって同じ交詢社ビルの「サン・スーシー」へ行った。

「サン・スーシー」が混んでいると、 「ルパン」か「クール」へ流れるのがお決まりのコースだった。

若い頃に働いたお金はこんなことで消えていったが、

好きなことを分け隔てなくやっていた環境がとても懐かしい。

SPECIUM

Vintage Wrist Watches ROLEX & PATEK PHILIPPE

0コメント

  • 1000 / 1000